美容に良い野菜シリーズ①ブロッコリー

美容

 美容と健康を意識する女性にとって、毎日の食事に取り入れる野菜選びは重要です。肌の調子を整え、健康を維持するためには栄養豊富な野菜を積極的に摂取することが欠かせません。

 今回は、美容に良いとされる野菜の中から「ブロッコリー」をご紹介します。ブロッコリーが美容に良い理由や、美味しく手軽に食べられるレシピ、さらに保存方法について詳しく解説します。

ブロッコリーが美容に良い理由

豊富なビタミンC

 ブロッコリーには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、肌のハリや弾力を保つ効果があります。また、抗酸化作用により、紫外線やストレスから肌を守り、シミやシワの予防にも役立ちます。

ビタミンAとカロテノイド

 ブロッコリーには、ビタミンAの前駆体であるβ-カロテンが含まれています。ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を維持し、ターンオーバーを促進する効果があります。これにより、肌の新陳代謝が正常に行われ、乾燥や肌荒れを防ぎます。

ビタミンKとカルシウム

 ビタミンKは、血行を促進し、肌の血色を良くする効果があります。カルシウムは、細胞の健康維持に欠かせないミネラルで、肌の健康をサポートします。これらの成分が一緒に働くことで、美しい肌を保つことができます。

スルフォラファン

 ブロッコリーには、強力な抗酸化作用を持つスルフォラファンが含まれています。スルフォラファンは、体内の解毒酵素を活性化し、体内の有害物質を排出する効果があります。また、抗炎症作用もあり、ニキビや肌荒れの改善にも役立ちます。

食物繊維

 ブロッコリーには、食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を整える効果があります。腸内環境が整うことで、便秘の予防やデトックス効果が期待でき、肌の調子も改善されます。

おいしく手軽に食べるブロッコリーのレシピ

ブロッコリーとチキンのガーリック炒め

材料(2人分)

  • ブロッコリー:1株
  • 鶏胸肉:200g
  • にんにく:2片
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:少々
  • 醤油:大さじ1

作り方

  1. ブロッコリーは小房に分け、茎の部分は皮をむいて薄切りにします。
  2. 鶏胸肉は一口大に切り、塩こしょうで下味をつけます。
  3. にんにくは薄切りにします。
  4. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて香りが出るまで炒めます。
  5. 鶏胸肉を加えて炒め、色が変わったらブロッコリーを加えてさらに炒めます。
  6. 醤油を加えて味を整え、全体に火が通ったら完成です。

ブロッコリーとエビのサラダ

材料(2人分)

  • ブロッコリー:1株
  • エビ:100g
  • ミニトマト:10個
  • レモン汁:大さじ1
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:少々

作り方

  1. ブロッコリーは小房に分け、塩茹でして冷水にとって冷まします。
  2. エビは茹でて殻をむきます。
  3. ミニトマトは半分に切ります。
  4. レモン汁、オリーブオイル、塩、こしょうを混ぜてドレッシングを作ります。
  5. ボウルにブロッコリー、エビ、ミニトマトを入れ、ドレッシングで和えます。
  6. 器に盛り付けて完成です。

ブロッコリーと卵の炒め物

材料(2人分)

  • ブロッコリー:1株
  • 卵:2個
  • 玉ねぎ:1/2個
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:少々

作り方

  1. ブロッコリーは小房に分け、塩茹でして冷水にとって冷まします。
  2. 玉ねぎは薄切りにします。
  3. 卵は溶いておきます。
  4. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒めます。
  5. 玉ねぎが透明になったらブロッコリーを加えて炒めます。
  6. 塩こしょうで味を整え、溶き卵を加えて全体を混ぜながら炒めます。
  7. 卵に火が通ったら完成です。

ブロッコリーの保存方法

冷蔵保存

 ブロッコリーは冷蔵庫で保存することで、新鮮さを保つことができます。

  1. 準備: ブロッコリーを小房に分け、茎の部分は皮をむいて食べやすい大きさに切ります。
  2. ラップで包む: 小房に分けたブロッコリーをラップで包みます。茎の部分も同様にラップで包んでください。
  3. 保存容器に入れる: ラップで包んだブロッコリーを保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。これで3〜5日程度新鮮さを保てます。

冷凍保存

 ブロッコリーは冷凍保存も可能です。冷凍することで、長期間保存ができます。

  1. 下茹で: ブロッコリーを小房に分け、茎の部分は皮をむいて食べやすい大きさに切ります。塩を加えた熱湯で1〜2分茹で、冷水にとって冷まします。
  2. 水気を切る: ブロッコリーの水気をしっかりと切ります。キッチンペーパーで軽く押さえて余分な水分を取りましょう。
  3. 冷凍保存袋に入れる: ブロッコリーを冷凍保存袋に入れ、空気を抜いて密封します。冷凍庫で保存し、1ヶ月以内に使い切るのが理想です。

まとめ

 ブロッコリーは、美容と健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれており、簡単に取り入れやすい野菜です。ビタミンCやビタミンA、スルフォラファンなど、美肌効果のある成分がたっぷりと詰まっています。

 今回ご紹介したレシピを参考に、毎日の食事にブロッコリーを取り入れて、内側から輝く美肌を手に入れましょう。また、適切な保存方法を実践することで、いつでも新鮮なブロッコリーを楽しむことができます。

 美容に良い野菜シリーズ第1弾として、ブロッコリーの魅力とその効果的な活用方法をお伝えしました。次回もお楽しみに!